確定申告3[払いすぎた税金を取り戻そう(°∀°)b平成24年分]

インターネットで確定申告書を作成でき、思いのほかスムーズに出来上がるので、皆さんもチャレンジです(*゜▽゜ノノ゛☆
しかも今年はe-tax(電子申告)に初チャレンジ!
株式投資・投資信託で損失を出した場合も確定申告をお勧めします。←管理人のことだ
管理人の場合の確定申告までの流れを簡単に書いていくので、参考程度にご覧ください★
戻りすぎで逆に損をする場合もあるので、注意してくださいね。
確定申告について詳しくは税務署や専門家にお尋ねください(°∀°)b 。
>>[確定申告目次]で知りたい情報が見つけやすい、、、かも(-"-;A
>>国税庁[所得税(確定申告書等作成コーナー)]
>>国税庁[平成23年分確定申告特集]
>>国税庁[確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A]

e-taxなら送信・書面なら出力、保存

、e-taxの場合は必要な個所を入力したら先に送信、その後ファイルを保存・出力となります。

書面の場合は必要な個所を入力したら、印刷・ファイルを保存します。
何を申告するかにもよりますが、結構な枚数が出力される場合もあります。
私は昔の商売の関係でレーザープリンターがあるので、それを使いますが、レーザープリンターだと早い★
インクジェットプリンターだとインクもかなり消費するかも。

確定申告の書き方 平成25年3月15日締切分

新品価格
¥1,449から
(2013/1/8 21:57時点)

最初にも書きましたが、ここで平成24年分の確定申告書のファイルを保存して取っておくと、来年、、、つまり平成25年分の確定申告書を作成するときに役に立ちます(o^-')b。
共通の情報を25年分として読み込んでくれるので入力する手間が省ける部分があります。
一年間ファイルを大切に保存しておきましょう。

ニッセン

補完[所得の内訳書~配当金]

[所得の内訳書]ですが、何年か前までは全ての事項を入力できたのですが、どうやら現在は[所得の内訳書]が必要かどうかが自動判別されて出来上がり、入力画面が表示されないようですね。
どうりでいくら探してもないわけだσ(^_^;)。
>>国税庁[「所得の内訳書」について]

ということで、e-taxの場合は確定申告書のプレビュー画面で[所得の内訳書に下記の3項目が空欄となっていますが、ここに入力はできないのでそのままでOKとなりますね('-'*)(,_,*)。

書面提出の場合は、出力された[所得の内訳書]を確認してください。
先にも書いたとおり、下記の3項目が空欄で、[所得の内訳書]が不完全な状態で出力されます。

■[所得の生ずる場所または給与などの支払者の住所・所在地、氏名・名称、電話番号]
■[所得の基因となる資産の数量]
■[支払確定年月又は支払を受けた年月]

の3カ所が不完全になっているので、手書きで補完します。
株式の配当に関してですが。

[支払者の電話番号]はネットで調べればOK。

[所得の基因となる資産の数量]は保有している株式数でOK。
例えば100株保有しているのなら、100 と記入します。

[支払確定年月又は支払を受けた年月]は、配当金額が決議された株主総会や取締役会のあった日ということですが、そんなに難しく考えなくて大丈夫。
[配当金計算書(上場株式配当等の支払通知書)]に[支払確定日]が記入してあればそれでいいですし、なければ会社名の上にある年月でOKです(*^▽^*)。
例えば平成24年6月30日となっているのなら、H24.6 と記入します。

ちなみに、給与の部分も株式の配当と同じ個所が不完全になっています。
給与のほうは私は[支払者の電話番号]だけ手書きで記入していました。
残りの2カ所はいつも何も記入しないで提出しますが、未記入でも特に問題ないみたいです。

補足[医療費の明細書]

平成24年分の確定申告はe-taxで行っているため、書面提出の場合[医療費の明細書]がどのように出力されるのか実際にはわからないのですが、一応確認してください。
もしかしたら今回から[医療費の明細書]が2枚出力されているかもしれませんが、平成23年分までは提出用の一枚(一組)しか出力されていませんでした。

もし[医療費の明細書]が一枚(一組)しか出力されていなかったら、気になる方はコピーを取っておきましょう。
来年の確定申告の時、参考になるかもですよ(゜゜)。

ダイエットならこれ→楽天売れ筋No.1!「すっきり小粒」

リンクを許可していただいたサイト様、ありがとうございました。


確定申告2<< HOME >>

▲TOP

許可なく転載することを禁じます。
Copyright (C) 2005-2013 KOZENINET. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system