管理人の小話(・∀・)2[個人事業主とお小遣い稼ぎ]

ブログ日記[やる気のないブログ]とは別に、管理人のとある日の出来事など適当に?書き綴っています。
ここに書かれていることで質問があっても管理人に答えることはできませんので、詳しくは専門家にご相談くださいね。

個人事業主とお小遣い稼ぎ

これはごく一部の人にしか関係のないお話しなのですが、個人事業主(自営業・自由業)がお小遣い稼ぎをして得た副収入の、帳簿付けについてです

ネット上で、サラリーマン・主婦のお小遣い稼ぎの申告の有無などについては見かけるのですが、個人事業主のお小遣い稼ぎの場合については見かけないので、ほんの少しですけど、個人事業主の方の疑問解消のお役に立てればな~と思いまして。。。
帳簿付けについて詳しくはお近くの税務署など、専門家にご相談ください。
管理人へ質問されてもお答えできませんんので、ごめんなさいねo(TωT )。
ご了承ください<(_ _)>。

ちなみに私はかつて、儲けの少ない事業を営んでいる(-_-;)個人事業主でした。
個人事業主だったので、お小遣い稼ぎで得た収入額の大には関係なく(ノ_・、)、アンケートサイト・ポイントサイトで稼いだ分を副収入としてすべて帳簿付けしていました。
たいした金額ではないのですが自分で商売をしていたので、小額でも変に隠すとよくないかしらね~申告もあるし^▽^;ってわけです。

個人事業主の場合、申告(確定申告、または市県民税の申告)は必ず行わなければならないので、申告の有無について疑問はありませんでした。
疑問があったのは、副収入分をどのように帳簿付けするのか?申告は[雑収入]として記入するのか?でした。。。

ネットで稼ぐ人のための日本一わかりやすい確定申告!

新品価格
¥1,000から
(2011/8/23 12:13時点)

お小遣い稼ぎを始めてからしばらくして、いくらかの副収入を得る事ができるようになりました。
そこで悩んだのが、副収入(お小遣い稼ぎ)の分の帳簿付けはどうするのか?でした。

申告の用紙には[雑収入]欄があります。
、、、ということは、事業収入とは別に収支をつけて、お小遣い稼ぎで得た分は[雑収入]欄に記入する事になるのかしら?と思いました。

分からない事は専門家に聞くのが一番(o^-')bという事で。。。
税務署の人に聞いてみることに。

◆最初の疑問
副収入(お小遣い稼ぎ)で得た報酬の帳簿付けは、事業収入の帳簿と別にしたほうがいいんですよね~?と質問しました。

税務署員回答:
「あなたの場合副収入といっても小額なので、事業収入と同じ帳簿につけてもらってかまいません。もちろん別々に帳簿付けしてもらっても問題ないですよ~。」

、、、というご回答でした。少額ですものね(-_-;)。
帳簿が一冊なのはいいことよね。。。

◆二つ目の疑問
申告の用紙には[雑収入]欄がありますけど、副収入で得た分は[雑収入]欄に記入しないといけないのですよね~?と質問しました。

税務署員回答:
「雑収入の所には記入しなくていいです。事業収入のところに事業収入と副収入を合わせた金額を記入してください。」

なあるほど('-'*)(,_,*)。
帳簿が一つなんだから、別々に分ける必要はないというご回答でした。
あ、もちろん雑所得でもOKというか、雑所得で控除額20万円ありますのでね、こちらで問題ない場合がほとんど?

◆最後の疑問
お小遣い稼ぎの場合、現金での収入もありますけどギフトカード・図書券などの金券でもらえる場合もありますよね。
現金が副収入なのは分かるのですが、金券はどうなのかしら?ということで、これについても質問しました。(普通事業収入は現金なので、素朴な疑問でした)

税務署員回答:
「金券で受け取った場合も副収入になるので帳簿付けしてください。」

、、、いわれてみれば、確かに!
金券であってもお金はお金。ふっと浮かんだ素朴な疑問でした。。。

やよいの青色申告 11

新品価格
¥7,788から
(2011/8/23 12:17時点)

弥生会計 11 スタンダード

新品価格
¥29,580から
(2011/8/23 12:17時点)

iWork '09

新品価格
¥4,980から
(2011/8/23 12:17時点)

今思うと恥ずかしい事を聞いてしまいましたが(*^-^*)ゞ、おかげで悩みがなくなって、気分がすっきりしました。
帳簿を二冊つけられるような立派な?副収入になるようにがんばろう!と思います。

疑問に思う事は税務署の人に聞いてみたり、書籍で勉強しみるのが一番ですよ(o^-')b。
ということで私の場合は、事業収入と副収入(お小遣い稼ぎ)を同じ帳簿につけて管理していました。
もちろん、副収入(お小遣い稼ぎ)の経費(支出)に当たる分も同じ帳簿につけていました。

お小遣い稼ぎの場合の経費は、プロバイダ料・おこづかい稼ぎの時に費やす電気料(あまり期待できる額ではないですけどね)が基本ですよね?
あとは、お小遣い稼ぎのためのサイト・ブログの有料サービスを利用していたらその費用、お小遣い稼ぎのためのサイト作りにHTMLの書籍を買った、ホームページソフトを買ったなどの費用など、、、だと思います。
座談会に出席した時で、交通費は謝礼に含まれていますという場合は、交通費が経費になりますね(゜゜)。
FAXでアンケートの回答を送信したらその通話料分、などなど。。。

この辺りは個人事業主の皆さんはしっかりしているので、何がお小遣い稼ぎの経費に当たるのか、私が言うまでもなく把握できる事だと思います(*^-^*)ゞ。
これも当たり前のことですが、お小遣い稼ぎにかかった費用の領収書もきちんと保管しておくことが大切ですね。

ニッセン

ダイエットならこれ→楽天売れ筋No.1!「すっきり小粒」

リンクを許可していただいたサイト様、ありがとうございました。


管理人の小話(・∀・)1<< HOME >>管理人の小話(・∀・)3

▲TOP

許可なく転載することを禁じます。
Copyright (C) 2005-2013 KOZENINET. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system